POP広告デザイナー資格取得おすすめ情報

MENU

商品の良さを伝えるPOPの大切さ

POPの役割は

の商品の最もアピールしたい部分をわかりやすく伝えることや、「お買い得」と思わせることです。

 

POPの出来映えにより

商品の売れ行きが大きく違ってくるので、その役目は重要と言えます。

 

どの商品を選ぶべきか迷っている方

どれが人気の商品なのか、情報を得ることができます。

 

 

 

安さが売りの大型量販店や、ドラッグストア、書店、スーパーなどで手書きの広告を見たことはありませんか?それが、POPです。POPは、POP広告デザイナー、またはお店のスタッフによって書かれています。思わず目を奪われてしまうインパクトの強いものから、アートに近いものまで、POPの種類は様々です。

 

パソコンなどで作られた無機質なものに比べると親しみを感じるという人も多く、デジタル社会の中でも必要不可欠な存在となっています。手書きで書くことで、存在しないフォントを生み出すこともできますし、枠からはみ出したり、立体的な広告に仕上げることも可能です。POPの役割は、その商品の最もアピールしたい部分をわかりやすく伝えることや、「お買い得」と思わせることです。

 

POPの出来映えにより商品の売れ行きが大きく違ってくるので、その役目は重要と言えます。普段は素通りされてしまう商品でも、POPによってお客様が足を止めてくれることがあります。その一瞬が勝負です。

 

POPに書かれていることが興味を引くものだとしたら、商品に視線が注がれることになります。また、目的を持って入店されたお客様に関しても、POPは情報を得る上で重要な役割を果たしています。

 

どの商品を選ぶべきか迷っている方には特に役立つツールとなります。例えばドラッグストアでは、数え切れない種類のシャンプーが置かれていますが、ひと目見ただけでは、どれが人気の商品なのか、自分には何が合うのかわかりません。しかし、商品の値札に「今、一番の売れています」「髪の乾燥で悩んでいる方に」などと書かれているだけで、情報を得ることができます。

 

POPは、単に商品をアピールするだけのツールというだけではなく、お客様に満足感を得ていただくためのサービスのひとつとも考えられます。

 

手書きで書かれたものなら尚の事、温かみを感じられ、お客様にメッセージが届きやすいのです。商品を手に取ってほしい、買ってほしいという思いと共に、お客様に満足してもらいたいという思いが込められています。そして、満足して帰られたお客様は、必ずと言っていいほどリピーターになってくれます。

 

購買意欲が高まるPOPデザイン

手書きの特色

個性溢れるPOPを作る必要があります。

 

インパクトのあるデザイン

ショップの雰囲気にマッチし、なおかつお客様の足を止めるようなデザインにする。

 

キャッチコピーを作る能力

インパクトのある広告にキャッチコピーは欠かせないものです。

 

POP広告デザイナーは、そのショップが売りたいと思っている商品をいかにわかりやすくアピールし、お客様に目をとめてもらえるかということを常に考えなくてはいけません。

 

単に商品を宣伝するための広告ならパソコンでも作れるわけですから、手書きの特色を生かした個性溢れるPOPを作る必要があります。それなりにセンスも必要ですし、時にはユーモアも加えなければいけません。

 

しかし、一番大切なのは、そのショップのテイストに合っているかどうかです。独特の個性とユーモアが先走ってしまい、ショップに似合わないPOPになってしまってはいけません。独自の感性だけで作り上げてしまうと、POPだけが浮いてしまうことになります。

 

ショップの雰囲気に合わせつつ、インパクトのある広告を作ることが大切です。そして、伝えたいことがひと目でわかることが何より大事です。言いたいことを詰め込みすぎて、ごちゃごちゃしてしまったPOPは誰にも注目されなくなってしまいます。

 

ショップが売りたい商品の特徴、価格やエピソードなど、一番注目して欲しいポイントに的を絞れていることが大切です。インパクトだけではなく、広告全体のバランス、まとまり感も必要です。遠目から見ても、インパクトは絶大だけれどきちんと統一感がある、そんなPOPは購買意欲を高めます。

 

腕の良いPOP広告デザイナーが手掛けたお店は、客単価が大幅にアップすることがあります。そんなお店のPOP広告デザイナーは、キャッチコピーの作り方が秀逸です。インパクトのある広告にキャッチコピーは欠かせないものです。

 

例えば、本の隣に置かれているPOPに、その本のタイトルと作者が大きく書かれているよりも、「この本は危険!読み始めたら止まらなくなる!」と書かれている方が、引きつけられます。

 

人気のPOP広告デザイナーは、このキャッチコピーを作る能力に長けていると言えます。購買意欲をそそる広告作りには、広告全体のインパクト、パンチの効いたキャッチコピー、まとまり感などが必要だということです。イラストは必ずしも必要ではありませんが、あればより注意を引き付けられます。

 

POPはお店の雰囲気にも影響がある

 

もし、いつもPOPでいっぱいのショップからPOPをすべて排除したとしたら、どんな雰囲気になるでしょうか?どことなく寂しく、無機質な雰囲気になりませんか?普段何気なく目にしているPOPは、ショップの雰囲気作りにも一役買っているのです。
数々のPOPが掲げられているだけで、そのショップには活力を感じます。

 

これは、手書きの持つ力と言えます。手書きにしか出せないアトランダムな文字やイラストには、人が手間を掛けて書いたという痕跡を感じられるからです。これが、POPの最大の魅力と言えます。これほどショップの雰囲気に影響を与えるものですから、POP広告デザイナーは一種の空間デザイナーと言えるかもしれません。

 

POPは小さなものから巨大なものまで、大きさ、種類は様々です。天井から吊るすタイプ、スタンドタイプ、本の間に挟む仕切りタイプもあります。POP広告デザイナーは、ショップの要望があれば、これらを駆使してまるで芸術家のように空間の演出を考えなくてはなりません。

 

ショップの雰囲気にマッチし、なおかつお客様の足を止めるようなインパクトのあるデザインを生み出す必要があります。あまり時間の猶予がない場合もあり、じっくりと考えている暇がないこともあります。求められればすぐに制作に取り掛かる俊敏さも必要ですので、POPを書いたことがない方が突然始める仕事としては、少し難しいかもしれません。

 

POP広告デザイナーの中には、複数のショップのポップを担当されている方もいます。それぞれのショップの雰囲気に合わせ、POPの書き方やデザインを変えて制作しています。例えば、量販店ならインパクト重視の弾けるようなデザインにしたり、おしゃれなカフェなら素朴でさりげないデザインにするなど、イメージを壊さないように工夫しています。

 

そのショップが持つ雰囲気、スタッフが求めているものに柔軟に対応できる力があるからこそ成せる業です。そんなPOP広告デザイナーになるには、雰囲気を読み取る観察眼と、センスが必要になってきます。そして、お店によってPOPを書き分けられる技術ももちろん必要です。

 

人気が高いPOPデザインの作り方

 

せっかくのPOPも、お客様の目に止まることがなければ意味がありません。人気のPOPを作るためには、やはり勉強が必要です。実際にお店へ出かけて行き、様々な種類のPOPを見て回ることが何より近道です。

 

そして、しばらく待機して、どんな広告にお客様が注目しているのか、観察してみましょう。人気の高いPOPがあれば、商品のどんなところをアピールしているのか、文字の大きさはどうか、イラストはどんなものかなど、細かくチェックしましょう。そして、近くのお店だけに留まらず、人気のPOP広告デザイナーの作品をネットで検索してみることを勧めします。

 

その圧倒的なインパクトと、独創性に驚かれることでしょう。人気のPOP広告デザイナーになるには、常に新しいもの、目を引くものを求め続けることが大切です。同じような広告ばかり作っていては、早々に飽きられてしまいます。

 

そして、お店が売りたい商品の内容をしっかり理解することも大事です。一番伝えたい部分の文字の大きさや色を変えたり、立体的に作ってインパクトを与えます。補足したい部分は吹き出しにするなど、工夫することでお客様の印象に残ります。

 

お客様が見て楽しいものであるかどうか、お店のやる気が伝わるかどうかを常に考えながら制作していきます。小さなPOPは、より丁寧さが求められます。丁寧に書かれた文字はそれだけで目を引きつけます。

 

美容院などで販売されているシャンプーやトリートメントの隣に、ちょこんと添えられているPOPを目にしたことはないでしょうか?可愛らしいカードに丁寧に書かれた効果効能などは、つい読んでしまいます。丁寧な文字=お客様に伝えたい気持ちとして捉えられるからです。書店の本に添えられたPOPも同様です。

 

お勧めのポイントが丁寧に書かれていれば、その本を読んでみたい衝動にかられます。人気の高いPOPを作る一番のコツは、一時的にでもその商品に愛着を持つことです。そして、お客様に実際に使ってもらいたい、喜んでもらいたいという気持ちで作ることです。

 

センスも大事ですが、サービス精神はもっと大切かもしれません。

 

人気のPOPを作るためには、やはり勉強が必要です。実際にお店へ出かけて行き、様々な種類のPOPを見て回ることが何より近道です。

要点を紹介するキャラクター

 

ショップで役立つデザイン資格ランキング

ショップで販売するのではなく、デザインに携わる仕事がしたいと言う方のために、ショップ勤務に役立つ資格をランキング形式でご紹介致します。

 

画像名を入力

POP広告デザイナーW資格取得講座の特徴

ショップに勤務したり、在宅ワークなどでPOPを制作できる仕事です。W資格取得できる資格の一つで、POPの仕事に就きたい方には特に最適です。勉強しやすく、試験も免除してもらえるためテストに不安がある方でも、確実に資格を身につけて現場でも生かせるようなスキルを身につけられるでしょう。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
POP広告デザイナーW資格取得講座の総評
  • デジタル社会が進む中で手書きの広告が重宝されており、需要が途切れることはありません。
  • デザインやレイアウトのスキル、広告戦略などの知識
  • 「POP広告デザイナー」と「POP広告アーティスト」の二つの資格を得ることが可能
詳細レビューへPOP広告デザイナーW資格取得講座へ

 

画像名を入力

空間ディスプレイデザイナー資格取得講座の特徴

色彩・照明・配置・演出を駆使し、商品やショップを魅力的に見せる仕事です。POPだけでなく、空間ごとデザインすることを学ぶため、ショップやレストランなどでも生かせる資格です。照明や演出などの基本を学べるため、現場に生かしやすい資格が取得できます。初めてPOP資格を取得する方にもおすすめで、W資格でスキルアップにかなり効果的です。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
空間ディスプレイデザイナー資格取得講座の総評
  • 空間ディスプレイデザイナーに掛かると、メッセージ性に溢れた別世界に生まれ変わってしまいます。
  • 講座は「空間ディスプレイデザイ ナー1級(基礎レベル)・2級(実務レベル)認定試験」に対応
  • カリキュラム通りに進めば試験範囲を網羅できます。
詳細レビューへ空間デザイン資格へ

 

画像名を入力

鉛筆デッサンマスターW資格取得講座の特徴

絵画の経験がまったくない初心者の方でも気軽に始められます。どこにでもある鉛筆も、使い方次第でいくらでもデザイン・デッサンをすることができるので、活用できればそれだけでメリットがあります。POPデザインをする時にも生かせるスキルなので、身につけておいて損はないでしょう。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
鉛筆デッサンマスターW資格取得講座の総評
  • デッサンの基礎に始まり、少しずつステップアップし、最終的には人物画まで描くことができます。
  • カップの光と影、複雑な形の捉え方、表現の仕方などを段階を踏んで学べます。
  • 2ヶ月ほどで「鉛筆デッサンマスター」と「絵画インストラクター」の二つの資格を取得
詳細レビューへデッサン資格へ

 

第1位:POP広告デザイナーW資格取得講座

ショップに勤務したり、在宅ワークなどでPOPを制作できる仕事です。

 

デジタル社会が進む中で手書きの広告が重宝されており、需要が途切れることはありません。大変人気があるため、倍率の高い仕事となっています。資格を取得することで、お店に採用されやすくなります。

 

フリーで活動される方は、肩書きを得ることで契約を取りやすくなります。この講座では、デザインやレイアウトのスキル、広告戦略などの知識も得ることができます。講座を受講することにより「POP広告デザイナー」と「POP広告アーティスト」の二つの資格を得ることが可能です。

 

どの講座も、カリキュラムを修了するまでは2ヶ月ほどしか掛かりません。手軽に始められるものばかりですので、気になる講座があれば受講してみてはいかがでしょうか。

 

第2位:空間ディスプレイデザイナー資格取得講座

色彩・照明・配置・演出を駆使し、商品やショップを魅力的に見せる仕事です。

 

普段は何気なく通りすぎてしまうショップも、空間ディスプレイデザイナーに掛かると、メッセージ性に溢れた別世界に生まれ変わってしまいます。

 

講座は「空間ディスプレイデザイ ナー1級(基礎レベル)・2級(実務レベル)認定試験」に対応した内容となっており、カリキュラム通りに進めば試験範囲を網羅できます。

 

第3位:鉛筆デッサンマスターW資格取得講座

絵画の経験がまったくない初心者の方でも気軽に始められます。

 

毎日練習することで、デッサンのスキルを身に付けることができます。デッサンの基礎に始まり、少しずつステップアップし、最終的には人物画まで描くことができます。カップの光と影、複雑な形の捉え方、表現の仕方などを段階を踏んで学べます。

 

この講座では2ヶ月ほどで「鉛筆デッサンマスター」と「絵画インストラクター」の二つの資格を取得出来ます。資格取得後は、ショップの商品企画やデザインなどに関われたり、絵画講師として活動できます。

 

現場で使えるのは「POP広告デザイナー資格」

POP広告デザイナー資格を取得すると、お店で安定した仕事を得ることができます
講座を受講すれば、デザインの知識、スキルを基礎から学ぶことができます
とてもやりがいを感じる仕事となる

POP広告デザイナー資格を取得すると、お店で安定した仕事を得ることができます。

 

激しく新商品が入れ替わるお店では、新しいPOPが次々と必要になります。仕事が途切れることはありません。資格を取らなくてもPOP広告デザイナーとして活動できますが、お店の面接では、資格がある方が優位となります。

 

一度資格を取ってしまえば、後は働くお店を探すだけです。大型の量販店などではPOP広告デザイナーを専属雇用しているところもありますが、ひとつのお店に収まらずフリーで活躍されている方もいます。また、お店で販売をする傍らPOP制作をこなしている方もいます。

 

POPデザインはある程度書きなれていなければ、お店の要望通りにこなすことができません。講座を受講すれば、デザインの知識、スキルを基礎から学ぶことができます。資格を取得することでPOP広告デザイナーという肩書きも付けられるので、SNSやブログ等を開設して宣伝することも可能です。

 

どんなに世の中がデジタル化しても、手書きがなくなることはありません。むしろ、手書きの温かな雰囲気が重宝され、人目につきやすくなっています。デザイナーになるにはそれなりの練習が必要ですが、資格を取得した後は、手に職をつけたようなもので、ペンさえあれば現場で活躍できます。

 

文字やイラストを書いたり物づくりが好きな方にとっては、とてもやりがいを感じる仕事となることでしょう。資格を取ること自体は、それほど難しいことではありません。テキストに従い、順を追って課題をこなしていくだけです。

 

どんな仕事でもそうですが、数をこなせばこなすほど、その腕は確かに上達していきます。実際に、十年以上POP広告デザイナーとして活躍されている方が作られた広告は、目を見張るものがあります。そして、作るスピードもとても早く、いつも効率的に仕事をこなしていることがわかります。

 

もちろん、時には失敗もあったでしょうけれど、ここまでのスキルを身につけられたということは、やはり好きな仕事だからということではないでしょうか。「好きこそ物の上手なれ」です。自分は不器用だから無理かもしれないと諦めている方も、ぜひ講座を受講してみて下さい。

 

空間デザイン試験はこちら

 

まとめ

POPは、お客様の購買意欲を高めたり、商品の情報提供をするだけの販売促進ツールではありません。時にはユーモア溢れるデザインでお客様を笑顔にさせたり、温かな言い回しでほっこりさせたりすることもできる、コミュニケーションツールでもあります。接客が苦手でも、POPを通してお客様に語りかけることができます。

 

自分が制作した広告を見てお客様が商品を購入してくれた時は、大きなやりがいを感じることでしょう。POP広告デザイナーは、在宅で仕事をされたい方や、お店の片隅で好きな仕事をコツコツとこなしたい方にはピッタリです。人気の仕事なだけに倍率が高いので、資格を持っている方の方が採用されやすい傾向にあります。

 

中にはPOP広告デザイナーとしての資格や経験がまったくない方が、お店に採用されて活躍されることがありますが、他にはない抜群のセンスと才能を持っていると思われます。しかし、有資格者としての肩書きはありませんので、他のお店でも採用されるかは不明です。資格取得以外に、お店に採用されるために大切なことは、面接時に自作のPOPを持参することです。

 

しかし、ここであまりにも大作を持参してしまうと、のちに自分の首を締めかねません。短時間でも作れるものを見本として持参し、アピールしましょう。また、POP広告デザイナーとして長年活躍されている方の動画などを見て、十分勉強しておくことをお勧めします。

 

似たような広告を作れるか、試してみても良いかもしれません。広告制作のプロとしてやっていくには、デザインを生み出す力と、アピールする力、独創性、柔軟な対応力が必要となります。でも、難しく考えすぎることはありません。

 

練習し、数をこなすことで身に付けることができます。お店にとって、POPは売上を左右する重要なツールです。早くコツを掴んで、お店で活躍できるよう頑張りましょう。

 

まずは、何はなくとも講座を取得し、広告制作に必要な知識とスキルを身につけて資格を取得しましょう。好きなことを仕事にするための第一歩です。頑張ってデザイナーの肩書きを手に入れましょう。

更新履歴